スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リーマンショック
2008年09月16日 (火) | 編集 |
最近は現物もIPOもやらず、ただ傍観してるのみの株式市場ですが
今日の市場はリーマンブラザーズの経営破たんにより、大暴落
日経平均は605円の大幅安でした。

IPO投資も市場の安定があってこそのもの

そろそろ本格的な別の投資方法探さなくてはいけませんね・・・


スポンサーサイト
大幅高
2008年04月11日 (金) | 編集 |
日経は378円の大幅高

これで日経は週足単位で4週連続の陽線
ひとまず地合いも安定してきた感じです


ところが、対照的に新興株は相変わらず低空飛行
直近IPOでは値の軽さで意識されている アールテック・ウエノ以外は軟調でした

そんな中、注目株は3月26日上場の TAIYO
初値は公募割れしたものの今週急進し、現在では初値・公募値を上回る水準
出来高も公開初日に迫る勢いで、地味な東証2部ですが面白い存在になっています

今週末のG7の動き次第ですが、狙ってみても面白いかなと思ってます
アールテック・ウエノ 発進へ
2008年04月08日 (火) | 編集 |
久しぶりのIPO
明日はアールテック・ウエノが上場します

とはいえ、条件もあまり良くなく、市場の注目度も低そうなので
地方市場と同様、かなりの買い手不在になるのではと予想しています

一応初値予想は40万円 と予想します



ところで、今日は日経200円マイナスの日でしたが、S安をつけたのが
スタートトゥデイ     (2007年 12月11日 上場)
東洋炭素          (2006年 3月29日 上場)
デー・エヌ・エー     (2005年 2月16日 上場)
アセットマネジャーズ  (2002年 11月8日 上場)

と比較的IPOの中ではセカンダリも好調(だった)銘柄たち

優良銘柄が新興市場を引っ張る展開が理想なのですが、
これが悪影響にならないと良いですね

(株)インサイト 新規承認
2008年01月20日 (日) | 編集 |
社名    インサイト

公開予定日 2月20日
証券コード 2172
市場    アンビシャス
業種    サービス
主幹事   ディー・ブレイン
公募株数  100,000株
売出株数  0株
売買単位  100株
公募価格  未定


【事業内容】
広告・プロモーションの調査・企画・制作及び最適なメディア活動をプロデュースする広告業

〝感想〟
アンビシャス上場だけで、公募での取得のメリットなし

一応売上げも伸びていたり、公開規模も大きくないのだが
公募割れ下落率を低く抑える程度の材料

よほどの地合い転換ないかぎり、BBは不参加推奨

2月の初値予想へ
プレサンス ダメでした
2007年12月20日 (木) | 編集 |
悩みに悩んだプレサンス 購入は辞退しましたが、
今日はその上場日でした!

結果は
公募 160,000円
初値 151,000円
終値 140,000円

結局は公募割れで、辞退で正解でしたが寂しい結果ですね




今日も直近銘柄はウェブマネーを除き、大幅安
明日のジャパンティッシュも厳しい戦いを強いられそうです

年末のIPO祭りも始まらないですし、つまらない年末です
ユビキタス 反転
2007年11月26日 (月) | 編集 |
6営業日連続下落中だったユビキタスですが、
今日の好地合いを受け反転
見事にS高までいきました!!

ほかにも今年の上場銘柄では
アルトナー・地域新聞社・ナチュラム・ニックス
シナジーマーケティング・シスウェーブ
S高


今日はジャスダックも好調だったようですし、
12月に向けて地合い回復への第一歩であって欲しいですね
魔の水曜日
2007年09月12日 (水) | 編集 |
安倍総理辞任!


今日は順調に上げていた日経ですが、辞任発表後240円近い下落
政局不安から明日も軟調な相場になるのでしょうか?
さらにはスマトラ沖でまた大地震もおきています
NY次第では、明日も大荒れの相場になりそうです



ところで、自分は大荒れ相場を一足早く体験
3436 SUMCO
今日も大幅下落で、東証1部第6位の値下がり率
自分は寄りでブン投げたので被害は少なくすみましたが、
昨日-8% 今日-11.2%
日経225採用が決定してから、わずか2日間で20%近い下げ
素直に株は難しいなと感じた銘柄でした
主幹事成績表(2007年)
2007年07月15日 (日) | 編集 |
今年も早くも半年経過しました
データも揃ってきましたので、今年の主幹事成績表も作りました

証券会社 主幹事数 初値暴騰率 公募割れ数 公募割れ率 初値倍化数 初値倍化率
岡三 1社 151.6% 0% 100%
オリックス 1社 117.5% 0% 100%
三菱UFJ 7社 72.0% 0% 14.3%
いちよし 3社 70.9% 0% 33.3%
イートレード 1社 70.0% 0% 0%
大和 17社 67.8% 0% 29.4%
みずほ 3社 66.7% 0% 33.3%
みインベ 5社 48.9% 20.0% 20.0%
新光 6社 47.0% 0% 0%
日興 5社 43.1% 0% 0%
野村 18社 25.7% 7 38.9% 11.1%
SMBC 1社 16,7% 0% 0%
東海東京 1社 12.1% 0% 0%
HS 1社 4.4% 0% 0%
IPO 1社 -20.0% 100% 0%
DB 2社 -21.8% 100% 0%
* 初値暴騰率 公募からみた初値の上昇率平均
* 初値倍化数 公募が初値の2倍以上になった数


昨年よりはるかに悪いIPO地合いで、コンスタントに成績を出している三菱UFJ
公募で当たりにくくはなりましたが、その分優良顧客に回されてるのでしょうか

大和も昨年の汚名返上
公募の倍の初値をつけたのが5社
今のところタイミングに助けられていますが、これからはどうでしょうか?


公募割れはわかりやすいです

地方上場か野村主幹事
野村の公募割れ7社は、少しひどすぎますね
【PR】ホームページで広告収入をゲット!A8.net



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。