スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月銘柄 公募割れの可能性は?
2007年11月25日 (日) | 編集 |
11月のIPOはユビキタス・シナジーM以外は総崩れ
いまだIPO低迷期は続きます


12月も現在8社が上場を控えていますが、初値に期待出来る銘柄も多くありません
勝手にではありますが公募割れリスクランキング(独自)を作ってみました

1位 プレサンスコーポレーション
  東証2部 不動産業で35億の買いは集めずらい

2位 ジャパンティッシュエンジニアリング
  NEO人気だけが頼り 赤字企業で33億はさばけないのでは

3位 太陽工機
  親子上場と親会社による需給悪化懸念が大きなマイナス材料

4位 CDS
  短期業績では割高 初値買い意欲はたかまってこなそう

5位 リンクアンドモチベーション
  ビジネスモデルの評価は高い 不安は東証2部上場

6位 東山フィルム
  地味ながら業績は堅調 市場吸収金額は12月最小

7位 スタートトゥデイ
  業績は単純に評価できる 調達金額の多さだけが難点

8位 トレジャーファクトリー
  年内最終上場 スケジュールと需給から人気化必至

9位 ウェブマネー
  さすがに公募割れは考えづらい 唯一安心してBBできる

                            <12月2日追記>

こうしてみると、ウェブマネー以外初値高騰は期待できません
現状では12月はBBお休みするのも、正解なのかもしれません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【PR】ホームページで広告収入をゲット!A8.net



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。