スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新規公開から1年たつと・・・
2007年12月23日 (日) | 編集 |
2007年もいよいよ最終週
今年のは大変な1年でしたね

年末恒例のIPOマニアックスが勝手に選ぶ「2007年 ベスト・ワーストIPO」は
トレジャーファクトリーの上場後発表したいと思いますが

今日のテーマはIPOの長期投資の有用性について
昨年上場した企業のその後の株価を追ってみました


まず昨年上場の188社のうち
公募価格を現在の株価が上回る 21社(11.2%)
初値株価を現在の株価が上回る 12社(6.4%)

平均では
公募価格比 -37.6%
初値株価比 -55.9%

わかりきってはいましたが、やはりIPOは長期投資には向かないようです

とくにひどいのは
3月15日上場 比較.com
公募 45万
初値 270万
現値 6.9万 (初値比 -97.4%

4月6日上場 アスキーソリューション
公募 35万
初値 188万
現値 4.15万 (初値比 -97.8%

見向きもされなくなったIPOの悲惨さを物語っています


ちなみに初値を現在も上回っている12社は
トリドール 東洋炭素 アルコニックス 日本レップ
ミクシィ フルヤ金属 GCA 日本M&Aセンター
アクロディア 出光興産 ジェーピーエヌ債権回収 ダスキン

堅実な大手か注目をおおきくあびた企業が残ってるなという印象です


今回は、1年程度の株価推移でしたが、これが5年たつとどうなるのか?
詳細は明日発表したいと思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
【PR】ホームページで広告収入をゲット!A8.net



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。